腹筋、背筋、腕立て伏せ。様々な筋トレ方法があるが実際の生活では何が行われ、社会では何が語られているのか。

ビターチョコを食べて太りにくい体に

本日の記事

07年7月、ドイツで「ビターチョコを食べて血圧が下がった」という研究結果が発表された。ビターチョコを1日6・3g 、18週間食べ続けた結果だという。同時期に日本では、ビターチョコを2週間食べ、心臓の血管、冠動脈の血流が改善したとの研究も発表された。





2回連続でチョコーレート ネタです。
しかし、当サイトとに限らず、最近はチョコレートの話題が多いようですね。

おそらくチョコレートはダイエットの天敵と考えられていたので、固定観念を払拭するにはたくさんの情報発信が必要なのでしょう。

また、ダイエットの天敵が健康によいといわれれば、多くの人が関心を持つことは容易に想像がつきます。

今回の記事では、「カカオ分の多いビターチョコ」を食べることで、様々な健康効果がでたようです。

「1日50gのビターチョコでインスリン抵抗性が改善した」

「インスリン抵抗性が改善されると、太りにくい体になる」

なんと、ビターチョコを食べることは、太るどころか、太りにくい体が手に入るというのだ。

「ビターチョコ」は美味しく健康になれる魔法のお菓子なのか・・・

もっとも、急激なダイエットで不健康に痩せるよりも、ビターチョコを毎日チョコチョコ食べる方がよっぽど健康的であることは確かだろう。


| 健康

<< 高カカオチョコレートのプラス面とマイナス面 [前の記事] ┃ [次の記事] 急激なダイエットは汗を臭くする >>
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。