腹筋、背筋、腕立て伏せ。様々な筋トレ方法があるが実際の生活では何が行われ、社会では何が語られているのか。

高カカオチョコレートのプラス面とマイナス面

本日の記事

ポリフェノールを豊富に含む高カカオチョコレートが健康に関心のあるミドル世代の注目を集めていますが、とり過ぎによる悪影響を心配する声も上がっています。





まとめると、

【高カカオチョコレートのプラス面】

・高カカオチョコレートに含まれるカカオ豆には、抗酸化作用の高いカカオ・ポリフェノールが豊富に含まれている。


なぜ、カカオ・ポリフェノールは体によいのか?

○心臓病や脳卒中の原因となる動脈硬化を引き起こす活性酸素を抑制する働きがあるから。

○アトピーや花粉症などのアレルギーを引き起こす活性酸素を抑制する働きがあるから。

○胃潰瘍や胃がんとの関係が深いピロリ菌、病原性大腸菌O−157の増殖も抑える働きがあるから。

○少量の高カカオチョコレートの日常的な摂取は、血圧を低下させるとの報告もあるから。

○七大栄養素(タンパク質、脂肪、炭水化物、ビタミン、ミネラル、食物繊維、抗酸化物質)が凝集された完全食だから。


【高カカオチョコレートのマイナス面】

○高カカオチョコレートの脂質量は普通のチョコレートの1・2〜1・5倍もある。

○一般のチョコレートに比べカロリーが高い。

○利尿・興奮作用のあるテオブロミンやカフェインが多い。


さて、マイナス面をなくすにはどうしたらいいのか?

取り過ぎないことですよね。

「1日30g以内が目安」

何事も食べす過ぎは禁物なのです。


| 健康

<< 高齢者とは言わせない!自立を目指して〜 [前の記事] ┃ [次の記事] ビターチョコを食べて太りにくい体に >>
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。