腹筋、背筋、腕立て伏せ。様々な筋トレ方法があるが実際の生活では何が行われ、社会では何が語られているのか。

チョコレート×抗酸化物質≒健康?

本日の記事

“チョコレートは体にいい”アンチエイジング効果がある抗酸化物質を含んでいることは有名かもしれない。抗酸化物質には、がんの進行を抑える効果もあるという。しかしチョコレートの効果はそれだけではない。




「チョコレートは健康に良い」

記事中にもあるように、「チョコレートには、アンチエイジング効果がある抗酸化物質を含んでいる」。

酸素にさらされている私たちは日々「活性酸素」の影響を受けています。
「活性酸素」には体を錆びつかせたり、腐らせたりする作用があり、多くの病気、そして老化に多大な影響を与えているのです。

この活性酸素を抑える役目を持っているのが、「抗酸化物質」。

チョコレートの原料であるカカオには豊富なポリフェノールが含まれていています。
この「ポリフェノール」が抗酸化物質の一つなのです。

例えば、チョコレートを日本の約6倍消費する国と日本を比較した結果、胃がんによる死亡者数に4倍もの差があることが報告されています。

老化を抑えるアンチエイジング効果もあります。

若々しくいたい人は、ちょっと食べすぎくらいがいいのかも知れません。

でも、とても高カロリーなのも事実。。。

チョコレートを食べるなら運動もきちんとするとか、上手に付き合わないといけませんね。


| 健康

<< 朝食とBMIの関係 [前の記事] ┃ [次の記事] エビちゃんはドライフルーツを食べない >>
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。